あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

ハンドヒーリングによる多発性胃ポリープの改善
2018.07.20

大阪・京都・神戸施療所 山本施療士

 

大阪在住の82歳の女性、Oさん。平成29年9月、胃に多発するポリープを指摘され、そのうち3つを内視鏡下に切除することを勧められました。しかし、Oさんは親族のほとんどがマインドパワーを取得されています。義理のお嫁さんはリウマチでほぼ寝たきりでしたが、薬もはずれ自由に外出できるほど改善しました(リウマチを乗り越え、人生が変わった)。Oさんは家族と相談し一旦手術を断り、ハンドヒーリングの施療で様子をみることにしました。そして平成30年3月~5月まで毎月2、3週間集中的に施療を受けたところ、6月20日に再度行われた内視鏡検査では、ポリープが小さくなっていることが確認され、主治医から手術の話はでず、「半年以降に検査をしましょう」と言われました。
Oさんは心配性で些細なことでくよくよする性格でしたが、施療を継続する中で笑顔が増え、周囲の方々からも「明るくなった」と言われるようになりました。今回ポリープが縮小したことで、さらに自信をつけることができました。

末期の悪性リンパ腫を乗り越えて
2018.07.18

山口・広島施療所    末廣施療士

 

広島在住のKさん、77歳女性。59歳時に悪性リンパ腫を発症。体のあちこちに再発を繰り返し、その度抗がん剤治療と放射線治療を繰り返してきました。闘病生活は10年間にも及び、もうこれ以上抗がん剤も放射線治療もできない状態となり、病院からは緩和ケアを勧められました。しかしKさんは緩和ケアを断り自宅に戻ることを決めました。すでに寝たきりの状態でした。
その頃、息子さんが同僚からハンドヒーリングのことを聞き、Kさんは息子さんに抱えられながら施療所を訪れました。当初は5分として座っていられませんでしたが、定期的に施療を受けながら、息子さんもセレモニーに臨み毎日パワーを送る中で体力が少しずつ回復。平成23年自身もセレモニーに臨み、3ヵ月のセミナーが終わるころには、自由に外出ができるようになりました。その後も週2回のハンドヒーリングの施療を欠かさず受け続け、4年後には「完治したので、もう通院は必要ありません」と長年通院をしていた病院の主治医より告げられました。

 

「ハンドヒーリングに出合っていなければ、私は間違いなく死んでいました」と語ってくださったKさん。彼女は、どんな辛い状況でも愚痴を吐かず、希望を持ち続け、決して諦めなかったと言われました。Kさんの存在は、多くの方に勇気を与えてくださっています。

ハンドヒーリングによる不整脈と腎臓がんの改善
2018.07.12

福岡施療所 柿囿施療士

 

福岡在住のKさん、82歳女性。

6月28日にご紹介したSさん(変形性質関節症を克服し、畑仕事に励む!)の奥様です。

Kさんは、50歳の頃から不整脈に悩んでいました。医師からは「手術以外に治す方法はない」と宣告され、ペースメーカーを入れる手術の順番を待っていました。その頃は毎日がとても憂鬱で久しく笑うことも忘れていました。どうしても手術する気持ちになれず、悶々としていた時(79歳)にハンドヒーリングに出合いました。施療を受けるたびに、身体が軽くなり、病院で定期的に診察を受けておられますが、手術をすることなく、今では大好きな畑仕事ができるようになりました。
さらにKさんは、平成28年2月に某総合病院で左腎臓がんと診断され、手術の予定でしたが、手術をキャンセルし、ハンドヒーリングの施療を受けながら病院では定期的に検査を受けています。同年10月の時点で腫瘍がわずかに縮小していることが確認され、現在まで変化はなく、今では手術を勧められることもなくなったそうです。

 

施療所の見学や体験(無料)は自由です。 お気軽にお問い合わせください。

施療のお申込み等は、各地の施療所長、もしくは当社団事務局までご連絡ください。

ハンドヒーリングによる統合失調症の改善
2018.07.09

名古屋・渥美施療所   加藤施療士

 

愛知在住のAさん、60代の女性。15年ほど前に統合失調症を発症し、10年以上前から躁鬱、パニック障害、対人恐怖症が出現、自傷行為を繰り返し、家事もできなくなりました。幻覚、幻聴があり、外出も出来なくなり、入退院をくり返していました。

娘さんの勧めで今年の2月末からハンドヒーリングの施療を開始。3月末に9日間の連日の施療を受けたところ、周囲の方と会話が出来るようになり、笑顔になり、歌まで歌えるようになりました。その間10年以上服用していた睡眠薬を全く飲まずに過ごす事ができました。その後、今まで全く分からなかった味覚が戻り、ご本人もとても喜ばれました。Aさんは、人のなかに居られるまでに回復し、5月27日にセレモニーに臨まれました。

今、娘さんは「お母さんが自分の意思をちゃんと伝えらるようになり、自分から『元気になりたい』と言ってくれるようになってとても嬉しいです」と笑顔でお話して下さいました。

ハンドヒーリングによるリウマチの改善
2018.07.06

宮崎・延岡施療所          西村施療士

 

宮崎在住のRさん、63女性。13年前にリウマチを発症し、痛みで苦しんでおられました。10年前に両膝の手術を受けましたが、以降も膝の痛みは完全には取れずに年々悪化していました。

ハンドヒーリングとの出会いは今年の4月8日。地元で開催された施療会でハンドヒーリングの施療を受けたところ、来たときはペンギンのようにヨタヨタ歩きで激痛のため泣きながら歩いていましたが、施療後は痛みが取れ普通に歩けたのです!ご本人もびっくりして、病気を乗り越えようと4月末にセレモニーに臨み、マインドパワーを取得、現在セミナーに通っておられます。気がつくと、5月末には手すりを使わずに階段を上がれるようになっていました。今は何の痛みもなく不安もなく過ごせています。