あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

軟骨腫が一度の施療で小さくなりました
2019.06.09

豊橋担当の藤田です。6月8日の豊橋施療会での感動をお伝えします。

 

群馬県在住 Sくん 11才 男児

 

Sくんは4歳の頃から、左手第4指の第1関節に軟骨腫が出来て、徐々に大きくなり現在小指の頭大になりました。手が握りにくくなってきている上、痛みまで伴うようになり、医師からは手術を進められていました。  初めてマインドパワーの施療を受けると、左手の指の痛みは全てなくなり、腫瘤がみるみる小さくなっていきました。「半分の大きさになって握りやすくなった!!凄い」とSくんは大喜び!付き添いの母親も、息子の指の腫瘤が小さくなっていることに目を丸くして驚かれていました。
リスクの多い手術の宣告を受けて以来、不安と恐怖で苦しんでいましたが、パワーで改善される現実を目の当たりにして、勇気を得、「お母さんがパワーを勉強して治してあげる!」と宣言。安堵した親子に笑顔が戻りました。

病気が治りにくいタイプと治りやすいタイプがあります。治りやすいタイプとは感動があり感謝があり、シンプルであること。まさに純粋意識のSくんでした。子供達の病気を、マインドパワーを使い、この手の中で改善してあげられる母親が増えていく――。素晴らしい信頼関係を築ける親子がこれからも沢山増えることを心から願っています。