あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

歩行困難から、普通に歩ける喜び
2019.12.07

静岡地区を担当している鈴木です。現在のハンドヒーリングセミナー受講生の感想です。

 
静岡県在住 Mさん 72才 女性

 
Mさんは、うつ病で2ヶ月間入院していたところ、真っ直ぐ歩けなくなり、ペンを持っても力が入らず、字を書く事も困難になりました。お見舞いに来た知人からパワーをしてもらうと、左足の痛みが楽になり、その日は良く眠ることが出来たので、もっと元気になりたいと9月9日地域の施療所へ来られました。
その時Mさんは、前屈みで両手を人に支えられながらゆっくりとしか歩けませんでした。2回程パワーの施療を受けると、体の痛み重みが取れ、歩行が楽になったことに感動し、自身もハンドヒーリングセミナーに10月から通われています。
野中邦子先生の施療を受けて、「頭がスッキリし、目の前が明るくなって、地に足が付いた感じが強くなりました」と感動されました。
その後筆圧も強くなり、字も書けるようになり、真っ直ぐに歩けるようにもなって、周りの人たちも驚かれています。
「私も友人、知人の肩凝りや膝痛をパワーで取ってあげる事が出来て嬉しいです。以前のように友人と散歩するのが楽しみ。今はうつ病だったことも忘れ、明るく生活しています。」と喜びを語ってくれました。

Mさんはたった2ヶ月間で回復し、背筋が伸びたことで身長が高く見えるようになり、年齢よりも若々しくなられ、人生が変わりました。同じ病気を抱えている方の希望となることでしょう。ますますお元気になっていかれるMさんの今後が楽しみです。