あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

糖尿病による歩行困難から杖なしで歩けるようになりました
2019.11.17

私は岡崎担当の岡本です。先日、野中邦子先生をお迎えして行われた、愛知施療会での感動を紹介します。

 

 

愛知県在住 Hさん78才 男性

 

 

Hさんは、33才から糖尿病を患い、60才で右足の壊疽が始まって痛みを抱えていました。杖をついても足元がおぼつかなくなり、フラフラするので奥様に支えられながら歩いているような状態でした。
友人が、7月にパワーを取得して以来元気になった姿を見て、自分もあんな風に元気になりたいと施療会に来られました。
野中先生の施療を受けたところ、痛みがなくなり、両足が交互に高く上がって杖を突かないで真っすぐに長い距離を歩くことができました。付き添いでこられていた、ご一緒に来られていた奥様もとても嬉しそうにされていました。

Hさんは、「今までは、良くなることを諦めていたけれど、もう一度しっかり歩きたいという希望が湧いてきました。」と心から喜ばれ、マインドパワーを勉強していきたいと前向きになられています。

野中先生のたった1回の施療で、多くの方が生きる勇気と希望を見出し、元気を取り戻す姿を見させていただいてきました。出会いは瞬間です。マインドパワーに出会う人生と出会わない人生は、その方の未来があまりにも違いが出るとより強く感じています。