あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

綿棒で傷つけた耳の痛みがパワーで改善
2019.06.11

私は熊本担当の川口です。不慮の事故が起きた時、家族一丸となってパワーで対応し、事なきを得たエピソードをお伝えします。

 

熊本県在住 Kちゃん 1才 女児

 

マインドパワー歴20年のHさんには娘さんが3人おり、全員がパワーを取得しています。次女のお子さんのKちゃんは、お腹の中にいる時も生まれてからも毎日家族全員にパワーを送ってもらい、元気いっぱいの女の子に育っています。

ある日、Kちゃんが寝ている間に母親が耳掃除をしていると、突然起き上がってしまい、綿棒が思いっきり耳の奥まで入ってしまいました。

Kちゃんは火が付いたように泣き続けました。休日診療をしている病院が自宅からかなり遠かったので、まずは家族4人必死でKちゃんの耳にパワーをかけました。1時間以上かけ続けているうちに徐々に泣き止み、まったく痛がるそぶりもなくなりました。そして外に遊びに行きたいと駄々をこねるようになり、公園では何事もなかったかのように元気に遊んでいる姿を見て安心しました。改めて「家族皆でパワーを使えること、守れることに感謝だね。」と感動で胸がいっぱいになりました。

 

数日後、Kちゃんの様子を聞いてみると、「耳の痛みを訴えることも、聞こえが悪くなることも全くありません!」という返事が返ってきました。ありとあらゆる痛み重み等を自らパワーで取ってきたHさんと、それを共に体験して来た3姉妹のパワーに対する確信は深く、鮮やかに難を乗り越えることが出来ました。

Hさん一家のような、何があっても動じない幸せ家族が増えていくことを心から願っています。