あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

幻冬舎より第2弾!『臨床心理学から見たエネルギーヒーリング』
2018.08.02

1620円(税込) 全国の主要書店、各種ウェブストアにて発売

 

幻冬舎より『マインドパワー』を心理学の世界から解明する書籍が発売!

臨床心理学から見たエネルギーヒーリング なぜ「エネルギーヒーラー」のもとには難病患者が殺到するのか?

 

幻冬舎から野中先生の自叙伝「意識のめざめ 私が人生で知りたかったこと」に続く第2弾、「臨床心理学から見たエネルギーヒーリング なぜエネルギーヒーラーのもとには難病患者が殺到するのか?」が8月2日に全国の主要書店から発売となりました。

本書は、大学の心理学教授にして臨床心理士でもある古宮昇教授が野中先生との出会いをきっかけに、エネルギーヒーリング(マインドパワーの学術的分類)について臨床心理学の視点から述べたものです。

そこでは、多くの人が「神秘の力」と認識するエネルギーヒーリングのメカニズムが最新の量子力学や心理学により科学的に証明されつつあることが明らかにされています。そして、古宮教授が野中先生の施療観察と対談の中で発見、あるいは共鳴された「力のあるヒーラーやカウンセラーに必要な条件」を古宮教授の体験や理論とクロスオーバーさせながら記述されています。

本書によりマインドパワーの科学的側面とその奥行きの深さについて皆様も感じていただけたらと願います。

 

【古宮(こみや)昇(のぼる)氏 プロフィール】

大阪経済大学人間科学部教授。大阪府立大学総合科学部卒業。アメリカ・メリーランド州のフロストバーグ州立大学大学院カウンセリング心理学修士課程修了。州立ミズーリ大学コロンビア校より心理学博士号(PhD. in Psychology)取得。大学勤務のかたわら心療内科医院でカウンセラーとして勤務し、私設相談オフィスで心理カウンセリングを行っており、そのスキルを高く評価されている。著書に『共感的傾聴術』『心理療法入門』ほか多数。