あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

難聴と知的障害の改善
2018.05.13

大分・宇佐施療所    後藤施療士

 

Aさん(44歳)は、長男Tさん(18歳)の難聴と知的障害に日々悩み、将来の不安を抱えていました。右耳は生まれつき神経がないため、治療法がありません。知的障害は行動を抑制する薬を5、6種類飲みましたが効果はありませんでした。そんな中ハンドヒーリングに出合い、平成29年3月に親子でセレモニーに臨み、定期的に施療を受けながら、Aさんは実践を継続してきました。するとTさんは、わずか1年後には耳が聞こえるようになり、他人とのコミュニケーションが取れるようになりました。一人で外出し、バスの乗り継ぎや買い物もできるようになり、信じられないくらいに劇的に変わりました。マインドパワーを送って育てた野菜を見て農業の道を選び、就職も決まり、今年の春から晴れて社会人になりました。

Aさんの言葉です「息子は自分に自信がついて、以前は尻込みしていた事にも意欲的になり、止まっていた成長が動き始めました。息子ならきっと頑張ってくれると思える今に感謝しています。」