あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

間質性肺炎の呼吸困難が驚くほど楽になりました
2019.12.06

私は豊橋担当の藤田です。本日、マインドパワー施療を受けた方の感動です。

 

 

愛知県 Kさん 76才 男性

 

 

 

3年ほど前から、呼吸時に違和感を感じ咳止めを飲んでいました。H29.9月末ゴルフをしていると上り坂で苦しくなり、病院に行くと間質性肺炎と診断。処方されたステロイドを飲んでいましたが、H30年3月に突然血痰が出て救急車で運ばれました。検査の結果、病気が進行しており、酸素ボンベを常に使う生活が始まりました。ステロイドをはじめ、16.5錠の薬を毎日飲みながら、10m歩くと休憩が必要でしたが、3週間前に地元でマインドパワー施療を受けると歩ける距離が伸びたことを実感。12月1日よりハンドヒーリングセミナーを受講されました。そして本日初めて、野中邦子先生の施療に来られたKさんは、当初誰が見ても息苦しい状態でした。しかし、施療の後はすっと立ち上がり、「全然違う!!不思議やなぁ」と言いながら、なんと200m以上も軽々と歩かれていました。その様子を見ていた周りの方々が驚き、感動して涙を流されていました。
酸素濃度は、日常生活は3L、お風呂や歩行時は5Lでしたが、3Lのままでした。「これから生きる望みが出ました。元気になっていきます!」と笑顔で仰っています。