あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

悪性リンパ腫が快方に向かっています
2019.08.07

私は大阪、和泉担当の葛城です。マインドパワーで、父親が奇跡の生還を果たした方の感動を紹介します。

 

兵庫県在住 R.Oさん 40才 女性

 

6月に体調を崩した父親は、悪性リンパ腫と診断されました。血小板減少により倦怠感があり、両手足の毛細血管が破れ、膝下と肘から手先にかけて内出血で真っ赤になっていました。 血小板減少が続き、2万以下になれば脳や内蔵からも出血を起こすことも考えられ、予断を許さない状態でした。病院で様々な治療を施しましたが変化がなく、西洋医学では為す術が無い状態でした。
Rさんは2年前、母の加齢黄斑浮腫をマインドパワーで良くしていました。母親の目が改善した確信を持って、パワーを必死で病床の父親に送りました。すると奇跡的に危篤状態から脱出でき、7月には一時帰宅することができました。
そして地元でパワーの施療を受けた後の8月5日の病院の検診では、血小板の数値が2万台からなんと11万8000まで上昇していました!
そこには、父親を絶対に救うと強い思いで行動した娘の愛、「血小板10万以上に上がれ」と意思を明確にマインドパワーを送り続けた本気の思いが、病状を改善に向かわせました。感謝をもって父親もパワーを取得しようと、野中邦子先生の施療を希望されています。1日も早く病を乗り越え、お元気になって頂きたいと心から願っております。