あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

O脚と変形性膝関節症の改善
2018.11.21

名古屋・浜松施療所   加藤施療士

 

愛知在住のNさん、79歳女性。高校生のときから脚の変形に気づいていましたが、歩行に支障が無かったために放置していました。年齢を重ねるうちに、足を引きずって歩くようになり、変形性膝関節症と診断され、3年ほど前から杖や車イスを使用するようになってしまいました。独り暮らしで途方にくれていた時に、近所の方の紹介で『少しでも良くなりたい!』とハンドヒーリングセミナーに参加され、施療にも通いました。

すると、2週間後には足腰がしっかりしてきたと感じられ、2か月後には自動車の運転が出来るようになりました。集中して施療を受けると、気持ちが上向きになり、身体も心も楽になりました。

1年半経った今では杖無しで歩けるようになり、O脚だった足もかなり真っ直ぐに伸び、リハビリに励んでいます。「お陰様」の気持ちが湧き上がるようになり、感謝の日々を送っておられます。