あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

変形性膝関節症を克服し、野菜作りに励む!
2018.06.28

福岡施療所 柿囿施療士

 

福岡在住のSさん、90歳男性。高校生時のけがの影響で、両下肢のバランスが悪いために膝に負担がかかり、軟骨がすり減ってしまいました。無理をして土木仕事を続けていましたが、80歳を過ぎた頃にその無理もできなくなり、医師からは手術を勧められていました。動脈硬化症も患っていたため手術にふみ切ることができずに、ヒアルロン酸の注射を2年間続つづけました。注射は飛びあがるほど痛く、その度に大変な苦痛を感じていました。

しかし、平成26年1月からハンドヒーリングの施療を開始すると、注射をしてもなかなか取れなかった膝の痛みが嘘のようにやわらぎ、辛い激痛もなくなりました。そして、再び大好きな土木仕事と畑仕事ができるまでになりました。

今は奥様と2人で野菜にパワーを送り、大きな野菜を作っています。「虫、来るな!」と2人して送ると不思議なほど虫がつかず、無農薬で育てた野菜をたくさん収穫しています。Sさんは、「これからも妻と仲良くパワーを使い、大きな野菜作りに挑戦していきたいです。」とおっしゃっています。