あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

黄斑変性症の目に色が戻りました!
2019.09.11

私は日頃から施療に携わっている看護師です。本日、施療を受けた方の感動を紹介します。

 

佐賀県在住 Y.Sさん 64才 女性

 

Y.Sさんは、20年前から徐々に目が見えにくくなり、黄斑変性症と診断されました。5年前から進行がすすみ、右目は失明、左眼はぼやけて白黒しか識別ができません。1人では歩くこともできず、妹さんに介助してもらいながら、6月21日、初めて地元の施療所に来られました。すると、1回の施療で、ぼやけていた視野が広がり、A4の紙に書いた大きな文字が見えました。
大変感動されて、目を良くしたいと、Y.Sさんは6月末にマインドパワーセレモニーに臨みました。 それから地元で継続して施療を受ける中、車内から外の景色や屋根が見える様になって来ました。
そして本日、野中邦子先生の施療を受けた後には、なんと先生の髪型がはっきりと分かり、3mほど離れた位置からでも先生の施療風景が分かるほどに改善しました。しばらくすると白黒だけでなく、ベージュの色も見える様になっていました。どんどん目が改善していくことを喜ばれ、野中先生に出会えたことに心から感謝されています。

現代医学では、黄斑変性症という病がこれだけの短期間で改善することはありませんが、マインドパワーの世界では、病名、病状に関わらず、皆さん元気になられているという現実があります。多くの方にこの力の真実を知って頂き、不安のない人生を送っていただきたいと願っております。

希望の光が見えました!
2019.09.10

大分担当の後藤です。大分で行われた施療会での感動をお知らせします。

 

大分県在住 K.Yさん 男性 30代

 

K.Yさんは1年前に車の事故に遭い、右股関節の手術を受けました。仕事を辞めて自宅療養をしていましたが、2ヶ月前より激痛が出て、日常生活もままらなくなり再び入院。歩行時には松葉杖を2本使い、毎日痛み止めを20錠近く飲んでいても常に痛みがある状態でした。
大分の施療所で3度マインドパワー施療を受け、痛みが軽減したことに感動し、野中邦子先生の施療会に参加されました。
すると、野中先生の一回の施療で足が上がるようになり、なんと、あれほど痛かった右股関節痛がすっかり取れていました!
片方の松葉杖のみで歩かれたK.Yさんは、最後はその松葉杖さえも少し浮かせて歩かれたのです。

野中先生より「人生はこれからです!マイナス思考を手放して、早く元気になり仕事に復帰されてください。そして、痛みがないことを大袈裟に喜んでみることから初めてください」等、沢山の言葉を頂きました。
感情表現の苦手なYさんは、「施療の場では喜びを伝えられなかったので、最後にどうしても野中先生にお礼を伝えたいです」と、会場で待たれて感謝を伝えられました。

K.Yさんには1日も早く、痛みから解放され、またバリバリと仕事をして頂きたいです。

靭帯を損傷後、出来なかった正座ができるようになりました!
2019.09.10

大分担当の後藤です。大分で行われた施療会の感動をお知らせします。

 

福岡県在住 M.Tさん 20代 女性

 

学生時代、バレーボールをしていた時に、左足の膝前十字靭帯を損傷し、それから正座が出来なくなりました。
癌を患い、マインドパワーを取得して現在セミナーで学んでいる母親よりパワーをかけてもらうと、少し正座が出来るようになりました。
母の肺ガンの数値が下がっていた事にも感動して施療会に参加しました。
そして、野中邦子先生の施療を受け、なんと完全に正座が出来るようになったMさん。
自身もマインドパワーを使えるようになり、母を元気にしたいと仰っています。
これからセミナーで法則を学びながら、益々、親子揃って元気になって頂きたいです!

マインドパワーで家族を守りたい
2019.09.09

私は熊本を担当している川口です。マインドパワーを知っていてよかったと感じた症例を紹介します。

 

熊本在住 R.Yさん 34才 男性

 

R.Yさんは、原因不明の右足の親指痛で歩く度に痛みがあり、病院に行きましたが改善しませんでした。知人の紹介で熊本の施療所に来られると足の痛みが軽減。野中邦子先生の施療を希望されました。施療を受けた後から、足の痛みがすっかり改善してしまい、感動されていました。
それから1年2ヵ月後、弟さんの脳腫瘍が悪化したことで再び施療所を訪れたR.Yさん。その時、右肩の痛みが全部取れてしまったことで、改めてパワーの凄さを認識し、「弟を救いたい」とハンドヒーリングセミナーの入校を決められました。

マインドパワーを知っていたからこそ、R.Yさんは再び施療所に足を運ぶことが出来ました。他にも奥さまのパニック障害、祖母の認知症、祖母の介護をしている母親の疲れをパワーで取ってあげたい、家族を守りたいと、強く願われています。 大難を小難に出来るパワーです。法則どおりに使って、一日も早く確信を掴み、乗り越えていただきたいです。応援しております。

肺癌を克服します!
2019.09.09

希望の光が見つかりました
岡崎を担当している岡本です。 8月28日のブログに紹介した方のその後の感動をお知らせします。

 

静岡県在住 Tさん 83才 男性

 

Tさんは肺に癌があり、様々な治療を受けた後、病院では「これ以上の治療は難しい」と告げられました。しかし、諦めたくないTさんは、8月末に初めて野中邦子先生の施療を受けると息苦しさがなくなり、9月1日に行なわれたハンドヒーリングセミナーに入校されました。
それからというもの、心にあった不安感が消え、肺癌をパワーで必ず乗り越えるとの思いに溢れておられます。
そして本日、野中邦子先生の施療を受けて、更に呼吸が楽になり、Tさんは満面の笑みで先生に向って深々と挨拶をされていました。  マインドパワーで難病を克服された方々の発表を聞きながら、「マインドパワーは本当に凄い力だね」と感動冷めやらぬ様子でした。今日からパワーの施療を集中的に受けるため、福岡に1ヵ月滞在されます。自分の身体がどう変化するのか、ご本人も楽しみにされています。 また、Tさんの娘さんが、父親を元気にしたいと9月にハンドヒーリングセミナーを受講します。1日も早く病を乗り越え、ご家族と共に幸せな日々を送っていただきたいと思います。