あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

原因不明の痺れが取れました
2019.11.16

東京担当の井上です。マインドパワー施療で希望を持てるようになった方の感動をお知らせ致します。

 

 

東京都在住 Nさん 41才 女性

 

 

 

Nさんは、12~13年前から手足が痺れ、病院に行っても「原因が分からない、様子を見るしかありません」と言われ、当初は処方された薬を飲んでいました。しかし、一向に痺れが改善することなく、薬の副作用でかえって具合が悪くなるため飲まなくなりました。足の痺れが特にひどくなり、歩く時に右肩が下がりバランスが取れないため、松葉杖をついて歩いていました。両手の痺れも強くなったため仕事も辞めることになり、人生に絶望し、無気力になっていました。
そんな時に、昔の上司から紹介されて、先日、マインドパワーの施療を受けに来られました。施療を受けて立ち上がってみると、 Nさんの体は真っ直ぐになり、なんと杖なしで歩けるようになりました。
そしてさらに感動が続きます。「いつもはまるでグローブをつけているみたいに痺れていた手が、普通の感覚になっています!」とNさんは感動を露わにされました。マインドパワーで病を乗り越えたいと、ハンドヒーリングセミナー受講を前向きに検討されています。

このパワーを知ると知らないとでは、人生において大きな違いがあります。私たちは、目には見えないけれど確かに実在するエネルギー(マインドパワー)の真実をスピーディーに伝えていく責任があると、改めて思いました。

変形性股関節症の痛みがなくなりました
2019.11.15

私は渥美・浜松担当の加藤です。野中邦子先生の施療からの感動をお知らせします。

 

愛知県在住  H.Nさん  50歳  女性

 

 

数年前から、変形性股関節症になり激しい痛みから、医師に薦められるままに手術をしましたが、痛みは残り、杖なしでは歩行が難しい状態となりました。
そんな時、マインドパワーの施療に来られ、痛みが取れたことに感動し、すぐに9月のハンドヒーリングセミナーに入校されました。

本日、野中邦子先生の施療を受けると、たった一回の施療で、杖なしで大きな歩幅で、それも早く歩けるようになりました。
H.Nさん は痛みなく自身が歩けたことに大変感動され、一日も早く足を良くして家族や周りの人を元気にしたいという思いを強くされました。

マインドパワーは相手にダイレクトに思いが届く素晴らしい力です。思いは循環し、その瞬間に送った人の体が軽くなり笑顔になります。1人でも多くの方にこのマインドパワーの素晴らしさが届いて欲しいと思います。

カボチャになったサツマイモ
2019.11.15

『意識はエネルギー』を見事に証明したT.Tさんの感動をお伝えします。

 

宮崎県在住 T.Tさん 64才 男性

マインドパワーは、痛み重みを取るだけでなく、食物にも作用します。T.Tさんは、パワーにより娘さんの重度の貧血が改善し、ご自身のB型肝炎、肝臓癌が改善しました。その感謝を込めて家庭菜園で初めてサツマイモ(安納芋)作りに挑戦しました。
苗を植え付け、一つの苗だけに「カボチャの様に大きくなれ!」とパワーをかけました。収穫期には本当に1株だけカボチャの形になったサツマイモがゴロゴロ出来て、一番重いものは980gもあり(通常の5倍の大きさ)びっくりしました。すべては意識通りだと、TTさんは確信を新たにされました。

仕事疲れと不安感がなくなりました
2019.11.14

静岡担当の鈴木です。マインドパワー施療で感動の人生を歩まれている方を紹介やします。

 

福井県在住 R.Iさん 70才 女性

 
ホテルの清掃員をされているR.Iさんは、年齢もあり仕事がつらいと感じていた矢先に同僚が脳梗塞で倒れ、半身不随になってしまいました。不安を抱えていた時、静岡に住む息子が「ハンドヒーリングを学んでいるので遠隔でパワーを送る」と言ってくれました。
右肩の痛みを訴え、5分程して確認すると、右肩の痛みが全て取れており、左側も頼むとすっきりと軽くなっていました。直接マインドパワー施術を受けてみたいと4時間半かけて運転して地元の施療所に来られました。施療後は、頭も体も軽く更に視界もクリアに見えるようになり、帰りの運転が楽だったことに驚きました。
自身も学び、息子にもしてあげたいと6月にパワーを取得。ハンドヒーリングセミナー受講中、野中邦子先生の施療を受けると、全身が楽になり、健康に対する不安も消えて心から感謝されています。
地域の人たちにも、肉体だけでなく心も回復していく素晴らしい力を教えてあげたいと日々パワーを使われています。 R.Iさんは、「長い間宗教を学びましたが、体の痛み重みは取れませんでした。パワーの素晴らしい所は、自分の手で痛みが取れたりするだけでなく、歩けなかった方が目の前で歩けるようになったりと驚くばかりです!」確かに実在する宇宙エネルギーに出会い、感動されています。

僧帽弁閉鎖不全の劇的改善
2019.11.14

宮崎担当施療士の高本です。現代医学では手立てのない心臓病が良くなり、希望を持てるようになった方の感動をお知らせいたします。

 

宮崎県在住 K.Eさん 55才 女性

 

看護師のK.Eさんは、心臓負担で身体が辛く、検査の結果、僧帽弁閉鎖不全と診断され2年前に手術を受けました。手術後、弁が上手くつかずに血液が逆流するようになり、常に不正脈と動悸があり、頭痛に苦しんでいました。処方された利尿剤を飲むと2時間に1回はトイレに行くことになり、2年間ぐっすり眠れたことがなく、今年3月に退職しました。元同僚からの紹介で、8月初旬に地元でマインドパワー施療を受けました。
その後、頭の痛みが取れ、身体が温かくなり、なんとその夜は、ぐっすりと朝まで眠れました。現代医療では考えられないと感動の中、8月末にマインドパワーを取得されました。
野中邦子先生、地元での施療を定期的に受け、身体がどんどん軽くなり、夜中にトイレに起きることもなく、ゆっくりと眠れる幸せを噛みしめています。体調も良く、9月には仕事にも復帰しました。
病院の検査では、なんと僧帽弁が正常になり利尿剤も不要になって、今では不正脈と動悸はほとんどありません。顔色もよく生き生きとされています。
「マインドパワーに出会い、不安のない毎日、健康のありがたみが分かってとっても幸せです!」