あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

ハンドヒーリングによる膵臓がん術後からの回復
2018.09.12

名古屋・渥美施療所   加藤施療士

 

名古屋在住の71歳の女性、Kさん。昨年7月に膵臓がんと診断され、8月に手術(膵臓、胆管、胃1/3、十二指腸と大腸一部の切除)を受けました。術後抗がん剤の内服をおこなっています。遠方に住んでいる姪御さんがハンドヒーリングの施療で難聴が良くなったことをきっかけに、Kさんも昨年12月にセレモニーに臨みました。現在は、西洋医学的な治療とあわせて週1回ハンドヒーリングの施療を受けておられます。

その中で術後から続いていた下痢、股関節の痛みと坐骨神経痛、下肢の浮腫がなくなりました。抗がん剤による副作用で手足に色素沈着をきたしていましたが、薄くなっています。失われていた味覚も戻ってきました。先日病院で行われた血液検査では、術後上昇していた腫瘍マーカーが下がっていたそうです。Kさんはがんのほか、緑内障をお持ちですが、今年の6月の眼科の検査では、「視野が広がっている」と主治医から驚かれたそうです。
「がんのことばかりで緑内障を良くしようという気持ちはなかったのに緑内障まで改善しているので嬉しいです。

私は夫との間に長年確執がありましたが、ハンドヒーリングに出合い自分の生き方の間違いに気づくことができ、夫への感謝の気持ちが湧いてきました。お陰様で夫婦の会話も増えています。」と笑顔でお話をしてくださいました。

 

ハンドヒーリングで脳幹の悪性グリオーマが消失
2018.09.10

大阪・京都・神戸施療所 山本施療士

 

大阪在住のMさん、53歳女性。ハンドヒーリングで娘さんの悪性腫瘍を克服することができました。
今日は、そのMさんの声をお届けします。

「平成26年2月、当時高校生だった娘は脳幹の悪性グリオーマと診断されました。主治医からは、腫瘍が摘出できないため、放射線、抗がん剤治療をしても余命は2~3年だと宣告されました。私はどうしてもその事実を受け入れることができず、娘は絶対に私が治すと決めました。

親友の紹介でハンドヒーリングの施療を受けると娘の顔色が良くなりました。私は放射線や抗がん剤治療を断り、ハンドヒーリングで治すと告げると主治医からは猛反対を受けました。それでも施療を受け続けると、なんと2週間で娘の腫瘍が小さくなっていきました。

その内に娘は車椅子から立ち上がって歩けるようになりました。そのことに驚いた私たちは親子でセレモニーに参加しました。するとその5日後の検査では、娘の腫瘍はすべてなくなっていました。私はただ嬉しくてその事実を多くの人に伝え始めました。やがて娘は、階段の上り下りができるようになりました。医師からは『顔面神経麻痺はどうにもならない』と言われていましたが、4年が経過した今随分と回復しています。何よりとても閉鎖的になっていた娘の性格が、どんどんと元に戻り、明るくなりました。」

 

脳萎縮による重度身体障害の改善
2018.09.07

東京施療所 井上施療士

 

埼玉在住の57歳女性、Tさん。息子のYさん(21歳)は、脳の委縮により生まれつき重度の障害をお持ちでした。食事は咀嚼できるものの水分は飲めないので注射器で口に注入。背筋をまっすぐに保つことができずに体が常に曲がっており、両脚が動かず足の裏を床に就けない状態でした。全てを母親であるTさんか介護、視線も定まらない、言葉も話すことができませんでした。主治医からは、「改善の見込みはありません」と言われていました。

しかし、Tさんが今年の5月からハンドヒーリングセミナーに通い、日常的に実践をしているうちに、Yさんの背筋が真っ直ぐになり、脚の緊張が取れ、踵が垂直に床に着くようになりました。またコップから水を飲めるようになったり、落としたタオルを引き寄せられるようになったりと著しい変化がみられています。

10年来の引きこもりを克服して
2018.09.03

山口・広島施療所    末廣施療士

 

広島在住の54歳の女性。2年前にハンドヒーリングに出合い長年の引きこもりを克服することができました。ご本人がその感動をお話してくださいました。
「私は2007年4月、くも膜下出血になりました。それから約10年間、再発することを恐れ、行動することに恐怖を覚え、あらゆる事象から逃げ続け、引きこもって生きていました。心も体もボロボロになり車椅子を利用しなければならないほど、私の身体は衰えていきました。生きる希望も無くなり、毎日消えてしまいたいと思っていた時に、弟、姪、弟の義理の姉の紹介で夫とともにハンドヒーリングに出合いました。私にとってセレモニーの日は涙の止まらない一日でした。その日、私の病気は自分自身で重くしていることに気付きました。それからは、今までずっと介護をしてくれた夫に感謝し、夫を愛おしく思え気遣えるようになりました。

これまで自分を犠牲にして、私を守ってくれていた夫と過ごすことが今はとても幸せに感じます、又、私を支えてくれている仲間たちとの時間を共有する時、何げない日々の平凡な生活の中に、幸福があることを実感しています。私は10年間も引きこもり、自己中心的に生きてきました。今は夫とともに笑い、語り合い、感動・感謝をいただきながら、幸福になるために生きています。」

 

ハンドヒーリングによる心臓弁膜症の改善
2018.08.31

大阪・京都・神戸施療所 山本施療士

 

大阪在住の70歳女性、Fさん。平成27年正月に呼吸がしにくくなってしまいました。前年から喘息のような症状がずっと続いていたため正月明けに病院を受診。即入院となり、まず心不全に対し2週間治療を行ない、続いて心臓弁膜症に対し開胸手術を受けました。弁の取り替え(豚の弁)が行われましたが、胸を閉じた後、ガクンと調子が悪くなり、大動脈解離が見つかり再手術。出血のため多量の輸血を受け、体の中に入っている人工血管が2本つっぱって眠れない状態が続き、又、同時期に友人を相次いで亡くしたこともあって、精神的にすっかりまいっていました。そんな時に同僚がハンドヒーリングのことを伝えてくれました。

Fさんのコメントです。「同僚の初めての実践で呼吸が劇的に楽になり、体が軽くなり、目の前が明るくなるのを感じ、とても感動しました。この力は誰でもが使えると聞き、自分のまわりの人たちに使ってあげたくて平成28年1月セレモニーに臨みました。その後体調はよくなり、定期的にハンドヒーリングの施療を受けながら元気に仕事に復帰することができました。私の仕事は気の力を利用した体操を教えることです。仕事への意欲もわき、仕事が続けられていることが有難く感謝でいっぱいです。」