あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

自然治癒力を高めて膵臓がんを乗り越える
2018.12.13

名古屋・福岡施療所   柿囿施療士

 

愛知在住の72歳の女性。元来健康でしたが、平成29年6月に食欲不振と体重減少がみられ、7月に膵臓がんと診断されました。8月に手術(膵臓と胃の1/3、十二指腸と大腸の一部、胆管を切除)を受け、術後抗がん剤を内服ししていました。難聴の姪がハンドヒーリングの施療で耳が聞こえるようになったのをきっかけに、同年の12月にハンドヒーリングセレモニーに参加しました。その後抗がん剤と併用しながら週1回の施療を受けておられます。今年の5月には下肢の浮腫が消失、7月には術後続いていた下痢がとまりました。12月の時点では抗がん剤治療も終了となり、体重も増えてきています。

セミナーに通い、施療を継続する中でこれまで好き勝手をしてきた生き方が間違っていたと気づくことができました。ご主人に対し感謝の気持ちを持てるようになり、夫婦の関係も良くなり「自分が変わると相手が変わる」ことを実感されています。

ハンドヒーリングによる慢性腎不全の改善
2018.12.08

大阪・京都・神戸施療所 山本施療士

 

滋賀在住のKさん、75歳女性。7年前に健康診断で腎機能障害を指摘されました。以後徐々に腎機能が悪化し、昨年には血液検査で腎機能を表すクレアチニン(女性の正常範囲:0.47~0.79 mg/dL)が7台まで上昇、病院では透析を勧められましたが拒否をしていました。そんな中今年の4月にハンドヒーリングセミナーに通い、現在まで週1回の施療を受けておられます。すると、5月にクレアチニンが5台になり、8月には4.8mg/dL、11月には4.3mg/dLまで低下し、主治医の先生も驚いているそうです。ご本人は将来の不安なく、笑顔で毎日を過ごされています。

 

施療所の見学や体験(無料)は自由です。

施療のお申込み等は直接、各地の施療士、もしくは当社団事務局までご連絡ください。

ハンドヒーリングによる糖尿病の改善
2018.12.03

山口・広島施療所    末廣施療士

 

山口在住の72歳の女性。平成30年6月に血液検査で2型糖尿病と診断されました。7月末から血糖降下薬(一般名:イプラグリフロジンL-プロリン錠)の内服を開始。あわせて定期的にハンドヒーリングの施療も受けたところ、糖尿病の指標となるHbA1cの値が、10.8%(6/30)→9.9%(7/23)→8.2%(9/16)→6.5%(10/22)→6.5%(11/30)と順調に低下しました。

糖尿病の専門の医師に見解をお尋ねしたところ、「この薬だけでは半年間でHbA1cが1~2下がればいいでしょう。食事でご飯を少し減らしていますが、体重があまり減っていないので極端に糖質摂取量は減っていないんでしょう。それを考えると、この症例のHbA1cの減少はあり得ないと思います。これが本当なら、マインドパワーでインスリン抵抗性が改善した、としか考えられません。」というコメントをいただきました。

 

施療所の見学や体験(無料)は自由です。

施療のお申込み等は直接、各地の施療士、もしくは当社団事務局までご連絡ください。

先天性股関節脱臼、手術後の改善
2018.11.28

豊橋施療所 藤田施療士

 

愛知在住の58歳の女性、Aさん。先天性股関節脱臼で生まれ、生後1ヵ月より装具を装着していました。小学校6年生までは順調に過ごせたものの、成長期に伴い股関節痛みが出現、同時期に手術を行いました。出産を機に右股関節の痛みが出現するようになり、骨切り術を行われました。以降右股関節の可動域制限があり、右膝に負担がかかってしまい痛みが出現、遠出をする時は杖が必要になり、全身倦怠感も強くありました。

しかし、平成29年4月にハンドヒーリングセミナーに参加。3ヵ月のセミナーが終わるころには、身体が楽になり、長時間立っていても苦にならなく程よくなりました。落ちているものをかがんで拾えるようになったり、これまでできなかったことができるようになっていくのが嬉しいとお話をしてくださいました。

O脚と変形性膝関節症の改善
2018.11.21

名古屋・浜松施療所   加藤施療士

 

愛知在住のNさん、79歳女性。高校生のときから脚の変形に気づいていましたが、歩行に支障が無かったために放置していました。年齢を重ねるうちに、足を引きずって歩くようになり、変形性膝関節症と診断され、3年ほど前から杖や車イスを使用するようになってしまいました。独り暮らしで途方にくれていた時に、近所の方の紹介で『少しでも良くなりたい!』とハンドヒーリングセミナーに参加され、施療にも通いました。

すると、2週間後には足腰がしっかりしてきたと感じられ、2か月後には自動車の運転が出来るようになりました。集中して施療を受けると、気持ちが上向きになり、身体も心も楽になりました。

1年半経った今では杖無しで歩けるようになり、O脚だった足もかなり真っ直ぐに伸び、リハビリに励んでいます。「お陰様」の気持ちが湧き上がるようになり、感謝の日々を送っておられます。