あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

ハンドヒーリングによる前立腺癌、難聴の改善
2018.11.15

岐阜施療所 村井施療士

 

岐阜在住の69歳男性、Uさん。ご自身の体験談を語ってくださいました。

「ハンドヒーリングに出合い、3年半がすぎました。きっかけは私の突発性難聴でした。病院に入院し、治療を受けましたが、結果、現代医学では私の耳は治りませんという判断が下され、退院を余儀なくさせられました。全く耳が聞こえない生活が3ヵ月ほど続き、私はうつ病になる寸前でした。そんな時にハンドヒーリングの話を聞き、1週間後には創始者の野中先生の施療を受けました。たった1回の施療で、今まで全く聞こえなかった私の耳が、その場で聞こえるようになりました。驚きと感動でいっぱいでした。

実は、私はその頃、前立腺がんの患者でもありました。しかし、施療に通い、自分もセレモニーに参加し、実践をしながら2ヵ月ご経過した頃、病院へ行き検査をしてみました。病院での検査の結果がんの形跡はなく、『がんは消えています。』と医師より伝えられました。その時は、本当に嬉しくて感動しました。

この3年間、私の20年間の腰痛、外反母趾の痛みもすっかりと治ってしまいました。現在は健康体になり、毎日がとても楽しくて、仕事やゴルフなどもでき、本当に幸せな毎日を過ごさせていただいています。」