あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

前立腺がんの改善
2019.07.30

私は岐阜担当の村井です。
父親の病気をきっかけに、家族が丸ごと救われた方の感動をお伝えいたします。

 
岐阜県在住 S.Sさん 67才 男性

 
S.Sさんは2年前に前立腺がんを患い、精密検査の結果、肺にも異常が見つかり、手術ができないと宣告されました。ハンドヒーリングセミナーを受けていた息子さん夫婦に連れられて施療所に来られた時には、失意のどん底で自暴自棄になられていました。
S.Sさんは、以前大工の棟梁をしており、職人気質で頑固一徹、我が道を行く人生を歩まれてきました。マインドパワーの施療を受けると、前立腺がんの骨転移から来る腰痛が消えて、深呼吸ができるようになり、満面の笑顔になられました。
すぐに野中邦子先生の施療を受けることを決め、福岡まで足を運ばれました。すると、野中先生のたった1回の施療で、全身の痛みが消えて身体が軽くなりました。そして不思議なことに、今まで自分が傲慢な生き方をしてきたことにも気づかれ、心から恥じていらっしゃいました。
すると、この日を境にS.Sさんの険しい顔が温和に変わっていきました。そして、奥様と2人でハンドヒーリングセミナーを受けられ、ご家族4人がマインドパワーを使えるようになりました!
S.Sさんは、パワーを使い定期的に施療を受けることで、今では体調がすこぶる良くなり、2年前に手術できなかったがんが今ではすっかり消え、畑仕事ができるまでに元気になられました。
家族がマインドパワーを取得してからというもの、息子さんが出会う方が変わってきて、息子さんご夫婦が願っていた事業を始めることもできました。
「オヤジのがんをきっかけに家族全員が一つになれた。いま『平凡こそ奇跡』を体感しています。人生が丸ごと変わりました!」と話す息子さんの笑顔が輝いていました。
縁あってマインドパワーに出会い、野中邦子先生の施療の中で意識が変わっていかれる姿を拝見すると感無量です。『奇跡は待つものではなく起こすもの』多くの方に出会って頂きたいです。