あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

ハンドヒーリングによる統合失調症の改善
2018.05.14

福岡施療所 西村施療士

 

Sさん(45歳)は、二人の息子さんの喘息とお母様(72歳)の統合失調症(幻聴幻覚と躁状態)を治したくて、平成28年8月にマインドパワーを取得しました。二人の子どもの喘息は、マインドパワーを使い始めるとみるみるうちに改善していき、あれほど苦しんでいた発作もほとんど出なくなりました。

 

お母様は統合失調症で22年前に精神科の病院で治療を開始して、入退院が3回ありました。その後も通院・投薬を続けることにより落ち着いていたにも関わらず、10数年ぶりのまさかの再発・・・家族は失意のどん底の状態でした。
体調があまりにも悪いため施療に来ることも難しい状況でしたが、娘さんがパワーを使っていくうちにだんだんと症状が改善し、そのことに希望を見出されたお母様は、ご自分もマインドパワーを手にされることになりました。それから1年3カ月経ちましたが、その間に病院を退院することができました。膝の痛みもヒアルロン酸注射をするなど手術を勧められていたのですが回避することができました。

先日施療に来られた時には、料理掃除など家事全般、買い物などがすべてできるようになり、一日3回の運動をし、横座りも階段の上り下りも痛まないでできるようになっているとお話ししてくださいました。何より、体調不良で苦しい時にはとてもギクシャクしていたご主人との間柄が今ではラブラブですとおっしゃいます。

「もしあの時マインドパワーに出会わなければ今ごろどうしているだろうか」と笑顔でお話ししてくださいました。幸せなひと時でした!