あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

10年来の引きこもりを克服して
2018.09.03

山口・広島施療所    末廣施療士

 

広島在住の54歳の女性。2年前にハンドヒーリングに出合い長年の引きこもりを克服することができました。ご本人がその感動をお話してくださいました。
「私は2007年4月、くも膜下出血になりました。それから約10年間、再発することを恐れ、行動することに恐怖を覚え、あらゆる事象から逃げ続け、引きこもって生きていました。心も体もボロボロになり車椅子を利用しなければならないほど、私の身体は衰えていきました。生きる希望も無くなり、毎日消えてしまいたいと思っていた時に、弟、姪、弟の義理の姉の紹介で夫とともにハンドヒーリングに出合いました。私にとってセレモニーの日は涙の止まらない一日でした。その日、私の病気は自分自身で重くしていることに気付きました。それからは、今までずっと介護をしてくれた夫に感謝し、夫を愛おしく思え気遣えるようになりました。

これまで自分を犠牲にして、私を守ってくれていた夫と過ごすことが今はとても幸せに感じます、又、私を支えてくれている仲間たちとの時間を共有する時、何げない日々の平凡な生活の中に、幸福があることを実感しています。私は10年間も引きこもり、自己中心的に生きてきました。今は夫とともに笑い、語り合い、感動・感謝をいただきながら、幸福になるために生きています。」