あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

うつ病の克服、15錠内服していた薬が不要に
2018.05.09

宮崎・延岡施療所    柿囿施療士

 

51才女性。

平成28年4月4日、初めて施療所を訪れました。その当時は、うつ病に対し毎日15錠の薬を飲んでおられました。副作用で運転中も眠くなり、3度の交通事故を起こしたことがあり、大惨事を引き起こす恐怖に怯えていらっしゃいました。しかし、4度目のハンドヒーリングの施療で体調が回復したことを実感し、薬を減らすことができました。同年5月末にマインドパワーを取得され、3カ月のセミナーが終わる頃には薬は全く不要になりました。2年経った今でも、充実感を持って毎日を送られています。

ハンドヒーリングによるパニック障害の改善
2018.05.08

大阪・京都・神戸施療所 山本施療士

 

36歳女性、Kさん。小さい頃のトラウマから不安感や恐怖心が強く、25歳頃パニック障害を発症。人の役に立ちたいという気持ちはあるものの、思うように社会生活を営めずにいました。ハンドヒーリングの施療を5回受け、これまで受けたどんな治療法よりも効果を実感され、「自立して強くなりたい!」と、今年の4月にマインドパワーを取得しました。5月6日に行われたハンドヒーリングセミナーでは、人の痛みを取ると自分の身体が楽になることを実感し、人の痛みが取りたくてたまらなくなりました。その強い思いのまま、翌日は施療所まで車で運転することができ、「生まれて初めて街中を運転することができました」とご自身も驚いていらっしゃいました。

パワーを手にして、わずか9日で今までできなかったことができるようになったKさん、これからの人生が楽しみです。

 

ハンドヒーリングで諦めていた耳鳴りが劇的に改善
2018.05.05

熊本施療所 川口施療士

 

K.Sさん、59歳男性。
26才の時からずっと続いている蝉が鳴くような酷い耳鳴りが、1回の施療でほとんど消え、気にならなくなりました。そこにいた方々と感動を共有し、パワーは凄いですねと明るく笑顔になられました。

 

『本来の医療とは、その人にとってどんな治療が一番適切かをよく考えてあげることではないかと思っています。さらに言えば、リスクも少なく、楽に治るなら、何でもよいと考えています。私たちは西洋医療を否定するどころか、マインドパワーは飽くまで代替医療であり、また、補完代替医療の分野を脱し得ないとも考えています。

 ただその中で、その人の病を治すには、手術がいいのか、気功がいいのか、あるいは音楽療法がいいか、過去世療法がよいのかは、その人の体力や気力、または年齢なども鑑みて何がベストであるかを一番に考えるべきと思っています。マインドパワーは、海外の多くの国ではすでに、保険の中に組み込まれている治療法だとも聞いています。そんな中、マインドパワーは痛くもかゆくなく、その上まったく副作用もなく、至って身体と心に優しい治療法であることは間違いありません。(意識のめざめ―私が人生で知りたかったこと より)』

 

慢性腎不全と脳出血後遺症の改善
2018.05.01

宮崎・延岡施療士    柿囿施療士

 

全国各地域にハンドヒーリングの施療所があり、大勢の方が施療を受けに訪れ、現代医学の常識や限界を超えて改善がみられています。施療の見学や体験(無料)もできますので、辛い症状でお悩みの方はお問い合わせください。 今日は、宮崎施療所から感動をお届けします。

 

84才男性、20代の時に病気で、右腎臓を摘出。その後心臓も悪くし、人工透析を医師から勧められている状態で、昨年11月4日に始めて施療に見えました。症状が重かったことと、こういう施療を信じられないために最初は変化がわかりませんでしたが、3回目の施療で変化を体感でき、同11月末にパワー取得。今は人工透析することなく体調も良く、現役で働いています。

 

50才女性。8年前にくも膜下出血で右半身不随となってしまいました。昨年9月7日に右脚に装具をつけ、杖をつき施療に来られました。初めての施療で右脚が軽くなり、杖無しで歩くことができました。その後2回の施療で右肩の脱臼も治ったので、同9月末にパワー取得。今は装具も杖も無く歩けています。また、右手指も開き、言葉も滑らかに話せるようになって、親しい友人がその変化に驚いています。

原因不明の両目網膜裂孔の改善
2018.04.29

岐阜施療士 村井施療士

 

I・Sさん、67歳女性。

高齢者施設の管理栄養士をしているため、パソコン業務を多くなさっていました。突然、原因不明の両目網膜裂孔を発症され、目がゴロゴロする違和感と失明する不安感の中で仕事をしていました。知人に遠隔でパワーを送ってもらい、目の違和感が楽になったことに希望が持て、施療にいらっしゃいました。一回の施療であれだけ辛かった両目の違和感がなくなり、即、マインドパワー取得を決められました。

セミナーの3ヶ月間、ご自分の手で起こす奇跡に感動感謝の日々でした。実践を通して確信を得て、生き甲斐やり甲斐を見つけて、ドンドン若返っていかれました。そして、最近受けた眼科での定期検査で、網膜裂孔は改善していました。

 

私は施療士になる前、長年総合病院の看護師として、医療の限界というより医療の常識や枠の中で過ごしてきました。ハンドヒーリングで改善する症例を目の当たりにして、このパワーに出会えることが凄いことだと感謝しかありません。