あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

緑内障の改善
2019.05.19

私は、関西(大阪・神戸・京都)担当の山本です。
大阪で行われた施療会の感動をお伝えします。

 

大阪府在住  M.Oさん  64才  男性

 

M.Oさんは、15年前に緑内障と診断され、点眼治療を続けていました。4年前に左目の手術を受けましたが、視神経が潰れてしまい文字が読めない状態になりました。右目も少しずつ進行しており、不安に思っていました。
辛うじて右目が見えるので事務の仕事をまだ続けたいので何か良い方法がないかと思っていたところ、知人の声かけで施療会に参加しました。
野中邦子先生の施療を受ける前は、目から20㎝離した紙に書かれた問診票の文字が読めました。
施療が終わると、紙をおよそ倍ぐらい(40㎝)に離してみても、文字がはっきりと読めました。時間が経つにつれて、ますます目の前が明るくなっていきました。マインドパワーにより短時間でこんなにも自分の視力が改善していることに、M.Oさんご本人が一番驚かれていました。
緑内障は進行する病なので、これまでは眼圧を下げる目薬で進行を少しでも遅らせることしか術はありませんでした。
「まだまだ働きたいので、パワーを勉強して一日も早く緑内障を治したいです」と、嬉しそうに話されていました。
現代医学では、治療法がないと言われている病が、マインドパワー施療で改善されている事実を多くの人が目の当たりにした一日でした。

生理不順と肩こりの解消
2019.05.19

私は、関西(大阪・神戸・京都)担当の山本です。 大阪で行われた施療会の感動をお伝えします。

 

兵庫県在住  H.Mさん  38才  女性

 

H.Mさんは、長年生理不順に悩まされていました。最近は特に多量出血が続くため、貧血症状と肩こりが酷く、仕事が継続できなくなりました。地元の施療所に来られた時は、顔色が悪く、覇気がない感じでしたが、マインドパワー施療を受けた後は、とても肩が軽くなったと仰っていました。後日、出血量がかなり減り、顔色もとても良くなり、パワーの効果を体感したH.Mさんは、本日、初めて野中邦子先生の施療を受けました。

今日は特に左肩の痛みがあったのですが、ハンドヒーリング後にはすっかり痛みが取れていました。「施療の際、先生は下腹部にしっかりとパワーを送って下さいました。左肩の辺りをしていただいたわけではなかったので、とても不思議でした」
H.Mさんは、不安や迷いから卒業し、何よりも人生を変えたいと、ハンドヒーリングセミナーを受講されることになりました。 この力は、病気治しだけの力ではなく、人生を変えることができるツールです。
今日の施療会で、多くの方が気づかれ、一日も早く病を乗り越え、幸せになっていただきたいです。

脳梗塞の後遺症の改善
2019.05.19

私は、関西(大阪・神戸・京都)担当の山本です。
大阪で行われた施療会の感動をお伝えします。

 

京都府在住  K.Wさん  79才  女性

 

K.Wさんは、昨年1月に脳梗塞で倒れ、歩けなくなりました。その後、何度も入院し、リハビリも頑張りましたが自力で立ち上がることは困難になっていました。
今日は、息子さんの知人の紹介で、車椅子で息子さんと共に施療会に参加されました。
野中邦子先生の施療を受け終わると、K.Wさんは脇を支えなくても自分で立ち上がることができ、そのまま車椅子を置いて、ひとりで部屋の中を歩くことができたのです。
付き添いの息子さんも、母親のあまりの変化に大変驚かれていました。会場に来られている人からも大きな拍手が起こりました。
「私は、このまま家から出られないまま生涯を終えるのだろうかと不安に思っていました。家族に迷惑をかけていることが申し訳なくて、辛かったのです。でも、今、自分で歩くことができて希望が持てました。感謝でいっぱいです」とご本人も感動されていました。先ほど帰宅されたK.Wさんと息子さんから喜びの連絡がありました。なんと家の中、車椅子を使うことなく洗面所まで、一人で歩くことができたそうです。「野中先生の施療を受けに福岡まで行く意欲も湧いてきました!」と、明るい声で話されていました。
1回の施療で自分の足で歩くことができ、心まで明るく前向きになられたK.Wさんのこれからの回復がとても楽しみです。

両足太ももから膝の痛みの改善
2019.05.18

私は、渥美・浜松を担当している加藤です。渥美で行われた施療会の感動をお伝えします。

 

愛知県在住 Mさん 84才 女性

 

Mさんは、10年くらい前から両足の太ももから膝にかけて、痛みがありました。病院に行っても病名はつかず、治療法もなく、糖尿病や高血圧の薬を服用中のため、これ以上薬を増やしたくないと痛み止めを飲まずに我慢するしかありませんでした。
だんだんと痛みも強くなり、歩きづらくなっていた時に、知人に声をかけられて施療会に参加しました。施療を受ける前は、痛みで背中を丸めて前かがみで歩いて来られました。
野中邦子先生の施療を受けた後、「あら軽い。痛くない。」と言いながら、背筋をまっすぐに伸ばして、普通に歩かれて、まるで別人のようでした。
傍で見ていた知人は「背中もまっすぐに伸びてちゃんと歩けているよ」と感動し、ご本人も驚かれ、会場に来られている方から大きな拍手が起こりました。
Mさんは「私は84才だけど、パワーを取得して今から人生を謳歌したい!旅行にも行きたい!!」と、新しい人生の始まりに心を弾ませておられました。

本日、施療会では年齢も病名も関係なく、次から次へと奇跡が起こり、マインドパワーの素晴らしさを改めて目の当たりにした1日でした。
初めて野中邦子先生の施療を受けた方は特に、自身の身に起きた出来事に目を丸くしておられ、まさに百聞は一体験にしかずです。 一人でも多くの方がマインドパワーに出会い、人生を明るく前向きに切り開いて頂きたいと心から願っております。

脊椎分離症の改善
2019.05.18

私は、渥美・浜松地区を担当している加藤です。
渥美で行われた施療会での感動をお伝えします。

 

愛知県在住 Kくん 13才 男性

 

Kくんは、中学校で硬式野球部に入部しました。ところが、腰痛がひどくなり階段の上り下りさえ辛くなってしまいました。病院では脊椎分離症と診断され、野球ができなくなり、グローブを持つことを諦めていました。
心配した祖父母が、Kくんをなんとかしてあげたいと施療会に連れて来られました。
今日、初めて野中邦子先生の施療を受けて、あんなに辛かったKくんの腰痛はすぐに取れてしまいました。
「階段があるから、今すぐ登り下りしてらっしゃい」という先生の言葉に、外に駆けていったKくん。
しばらくして戻って来た時に、聞いてみると「僕、全然もう痛みがないです!」と満面の笑みで皆さんの前で話してくれました。その言葉を聞いた祖父母が大変喜ばれ、感動していました。
そして、「祖母の私がマインドパワーを取得して、孫を元気にします」と話されていました。