あなたの手の中でみんなあたたかくなっていく

レモングラス

有料法人ホーム
ハッピーマザー

三日月湖レストラン

ブログ

ハンドヒーリングの施療で杖がはずれた
2019.01.16

福岡・名古屋施療所   柿囿施療士

 

70歳の女性。リウマチのために足は変形し、長年杖を使用していました。それが、週に1回のハンドヒーリングを受けたところ、6回目の施療におこしになった際「今日は家に杖を忘れて来ました。」と笑いながらおっしゃいました。その施療後にはさらに広い歩幅で歩くことができました。

ハンドヒーリングは、副作用がなく、身体に負担のかからないものです。西洋医学や他の治療法と組み合わせている方も多くいらっしゃいます。

全国各地にハンドヒーリングの施療所があり、施療の見学や体験(無料)をおこなっております。

施療のお申込み等は直接、各地の施療士、もしくは当社団事務局までご連絡ください。

ハンドヒーリングで腫瘍マーカーが改善
2019.01.11

山口・広島施療所    末廣施療士

 

島根在住の82歳の女性、Kさん。昨年1月に末期の胃癌であることがわかりました。すでに手術はできない状態で、2月から6月まで抗がん剤治療を行いましたが、副作用による間質性肺炎を発症してしまいました。抗癌剤治療は中止となり、2週間入院し、ステロイドの内服治療を受けました。

10月から毎月2週間の連日のハンドヒーリングの施療を受けたところ、腫瘍マーカーのCEA(正常範囲5ng/ml)が11月29日 240ng/mlから12月27日 206.7ng/mlと改善がみられ、主治医は「今の状態は奇跡」と驚いていたということです。ご本人は現在、胃薬1種類と鉄剤1種類のみ内服をされています。8月にあった労作時息切れもなくなり、穏やかに通常の生活を送ることができています。

ハンドヒーリングで手術せずに半月板損傷を克服
2018.12.26

大阪・京都・神戸施療所 山本施療士

 

京都在住の高校2年生の男児。野球の部活でスライディングの際に失敗、左膝を負傷し、整形外科にて半月板損傷と診断されました。医師から「全身麻酔で手術を行う必要があります。術後3ヵ月は動かすことができません。」と説明を受けました。しかし、ハンドヒーリングの施療を受けたところ、3回目で膝が曲がるようになりました。12月に大学病院の整形外科を受診し、MRIなど検査を行われ、半月板に異常所見はなく、手術をせずに徐々に動かして経過を見ることになりました。手術をせずにすみ、当初の予定よりも早く部活に復帰できることにご本人も親御さんもとても喜んでおられます。

 

施療所の見学や体験(無料)は自由です。

施療のお申込み等は直接、各地の施療士、もしくは当社団事務局までご連絡ください。

ハンドヒーリングによる原因不明の痛みの改善
2018.12.21

山口・広島施療所          末廣施療士

 

山口在住の67歳の男性、Oさん。11月中旬頃から右座骨神経痛、体のあちこちに激しい痛みと痺れが生じるようになりました。病院で画像検査や血液検査など全身の検査を行いましたが、痛みの原因は特定できませんでした。鎮痛剤を処方されるも効果に乏しく、痛みのために熟睡できない日が続き、食欲も落ち、4㎏の体重減少がみられました。しかし、11月28日から3週間の連日ハンドヒーリングの施療を受けたところ、徐々に痛みが軽減、食事が取れるようになり、夜眠れるようになりました。3週間経った頃には、軽い腰の痛みを残すのみとなり、笑顔を取り戻すことができました。

 

施療所の見学や体験(無料)は自由です。

施療のお申込み等は直接、各地の施療士、もしくは当社団事務局までご連絡ください。

ハンドヒーリングによる間質性肺炎の改善
2018.12.17

東京施療所 井上施療士

 

長野在住の70歳の女性、Kさん。5年前に多発性筋炎・間質性肺炎と診断されました。以後、ステロイドや免疫抑制剤で治療を行なわれていましたが、ステロイド減量に伴って再燃するため、入退院を繰り返していました。ステロイドの副作用で骨がもろくなり、胸腰椎10本が圧迫骨折をきたしてしまい、胸の圧迫感にも苦しんでいました。

しかし、平成29年6月ハンドヒーリングセミナーに通い、定期的に施療を受けたところ、入院をすることがなくなりました。当時8錠飲んでいたステロイドの内服薬も今では2.5錠まで減りましたが、症状が再発することもありません。杖がはずれ、息切れがなくなり長野から福岡まで一人で移動できるようになりました。背筋が伸び、胸の圧迫感も楽になり、「以前はこのまま病気と付き合っていくのかと落ち込んでいましたが、今は将来の希望でいっぱいです。」と笑顔で語ってくださいました。